ウィークリーマンションを横浜で探すには注意が必要です

賃貸住宅市場が多様化する中で、マンスリーマンションなどの存在も以前よりも注目を集めるようになりました。しかし一般的な賃貸住宅とはどのような違いがあるのか、契約方法などはどのようになっているのかなど、あまり知られていない事もおおくあります。そこでウィークリーマンションが多く存在し、また借りたい希望者も多く集まる横浜においての借り方や、注意点などをお教えしていきます。昨今不動産会社が管理する賃貸物件の、ウィークリーマンションへの転用が多くなってきています。その理由は空室対策なのですが、一般的に賃貸物件は2年契約であり敷金や礼金などがかかります。それに比べて特にウィークリーマンションなら1週間単位での契約となり、出張などや単身赴任などの方にも気軽に利用してもらえる事から、空室である期間が結果短くて済むようになるのです。

借りる際には注意しなければならない点もある

便利な点も多いウィークリーマンションですが、実際に横浜で借りる際には注意しなければならない点もあります。先ず不動産賃貸業とホテル業の2種類があり、不動産賃貸業の場合は定期借家契約という種の契約に基づいて運営されます。ホテル業の場合は長期宿泊の形態となるので、大元がどちらなのかによって全く別の契約をする事になります。しかしこの判断を利用者がするのは難しく、契約後に望んだ形ではなかったという事も起こらないとは言えません。更に家賃の支払い方法についても、契約期間中の家賃を最初に一括払いする場合もあれば、翌月家賃を1ヶ月毎に支払う通常の賃貸と同じ場合もあります。どちらの場合も、支払った分の家賃は途中解約となっても払い戻ししてくれるという事はほとんどなく、金銭の返還は受けられませんというような契約になっている事が多いです。

直接の契約は不動産会社ではない事も

通常の賃貸契約を結ぶ際には、契約に当たって重要事項説明が必須となります。その為事前に不動産会社へと行き、契約者が重要事項説明を受けサインをする流れができていますが、ウィークリーマンションなどの場合には、直接の契約先が不動産会社でない場合が多くあります。そういった場合物件を所有する所有会社や、所有会社から一括借り上げをした運営会社という会社との契約になるので、重要事項が説明されない方が多いのです。そうなってくると気軽に借りられるという面では利点なのですが、解約時に行う手続きや発生する違約金についてなどが分かりにくかったりする事もあります。これらの事を踏まえて横浜でウィークリーマンションを利用する場合には、借りる先や支払い方法解約時の方法などを事前にしっかり確認する事が重要です。