横浜のウィークリーマンションの相場を説明します

横浜に一週間くらいまでの短期間滞在するならホテルの方が滞在費は安くなりますが、一週間を超える中長期で滞在する場合、ホテルよりもウィークリーマンションを借りる方がお得です。しかし、どのように探したら良いのかが分からないため、ホテル住まいにしておこうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。滞在する期間によってホテルとウィークリーマンションを使い分けるとお得になりますので、上手な探し方を知っておくのがおすすめです。ウィークリーマンションの利用目的は、出張や研修、旅行、受験、看護、自宅をリフォームするための一時利用など、さまざまです。単身向けの1Kや1Rの間取りのものからファミリーで住めるような広い物件まで色々と揃っていますので、目的に合わせて探すと良いです。

横浜のウィークリーマンションの探し方

横浜でウィークリーマンションを探す際には、希望する条件をあらかじめ決めておきましょう。決めておきたいのは、エリアや鉄道沿線、予算、間取りや広さ、利用する人数、利用期間、設備、築年数などです。インターネットのサイトでウィークリーマンションと入力すれば色々な物件がヒットしますので、自分の希望に合うところを探していきましょう。部屋や取り扱っている会社によって設備やサービス、料金体系などが異なります。ウィークリーマンションの中には、キャンペーンを利用すると賃料割引や清掃サービスを受けられることがあります。期間限定のことが多いのですが、その期間に借りることが決まっていれば、通常期よりもお安く借りることができますので、探してみると良いでしょう。キャンペーンのチェックはこまめに行うのがおすすめです。

横浜のウィークリーマンションの相場価格

横浜のウィークリーマンションの相場価格は、沿線や横浜駅を含めた鉄道駅からの距離、築年数、家電や家具などの設備、広さによって異なります。しかし、中長期滞在することを視野に入れているため、ホテルの1泊分の宿泊費と比べて安くなります。ワンルームの場合、4000円から7000円位が相場となりますが、安いところですと3000円という場所もあります。しかし、一般的な相場は5000円位と考えておくと良いでしょう。利用料金の内訳は、賃料と水道光熱費を日数分に清掃費となります。横浜のウィークリーマンションの中には女性専用のところもあり、セキュリティーや備品などが異なりますが、料金的には通常のところと差はありません。費用を抑えたい場合は、滞在する沿線や地域を変えてみると良いです。